ネットで本当に売れている?!失敗しない人気の乾燥肌対策128選 【2021年1月の最新ランキング情報】

○○で悩んでいる感肌。

皆さんは、amazonや楽天などのレビューやランキングほか、独自指標に基づく有名比較情報サイトの多岐にわたる情報をそのまま信頼して買い物していませんか?
いまネットでの買い物の需要が伸びています。その一方でトラブルも多岐に増えています。

○○では、本当に信頼できる情報のみで構成した本当に売れている?!128選からのランキング。

また、何を買えば良いのか?迷ってしまう方に朗報!!

ネットショッピングで失敗しない、迷わない、騙されない!マル秘情報を大公開。

今後の買い物にもお役立つ情報が満載でお届けする「乾燥肌対策128選 2021年1月の最新号」を最後までご覧ください。

□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□写 真□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
※何の写真?
■ネットのランキングや比較サイトで買い物してこんな失敗をしたことはありませんか?
☑評判や満足度が高いのに思っていたのとまるで違った。
☑良いような気もするし、あまり効果がないような気もする。
☑届いた商品が欠陥品で返金対応してもらえなかった。
☑良いと思って購入したのが実はリコール対象商品だった。
☑続けたいと思った商品が突然販売中止になった。
☑販売ページの情報に騙された!?実は全く人気が商品だった!
☑割引で購入してみたら2回目定価で勝手に商品が届いて返品できなかった!

もし、あなたが上のような経験や不安をお持ちの方に、簡単な解決策をお届けします。

■このサイトのランキングを参考にしていただくと、あなたにこんな恩恵をお届けします!
無駄な情報に惑わされず良い品を短時間で選ぶことができた!
どの比較・ランキングサイトよりも信頼できる情報で安心だ!
自分の目的達成までの総額算出が分かりやすく大変参考になった!
このサイトのおかげで○○難民を脱出できた!
こんなに騙されていた?!なんて驚く内容で今後の参考になった!
本当の意味で自身にお得なのかどうか判断できた!

それでは、ご覧頂いているすべての方にご満足いただけるボリュームでお届けいたします!

目次
■【秘密公開】失敗しない買い方(こんな販売方法に騙されない!)
 ・ランキング比較サイトに騙されない!
 ・あなたの商品選びは間違えているかもしれません!
 ・あなたを惑わす付加価値とは?
 ・時間を無駄にせず良品を探したいなら!?
■対象リスト・仕様
 ・ランキング対象一覧
 ・失敗しないランキング指標
 ・このページで見るたった2り?3つ?の項目とそれに紐づく付加価値
 ・どれくらい使いづければいいの?
■検索数ヒットランキング
 ・ランキングベスト10
 ・ランキング外一覧
 ・リスト追加希望について

・ランキング/比較サイトに騙されない!
□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□写 真□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
※何の写真?

【1】Amazonや楽天にYahooショッピングほか有名比較サイトなどでベストセラーなどランキングの指標をご存知ですか?

ベストセラーというからには【売れている順】のランキングではないか?

確かに売れている順ではあるのですが【どのようにして売れている順】なのかは、実は…有名サイトのほとんどが非公開となっています。

その理由は、複雑すぎて説明が困難だから!?

例えばリアルタイムで変動するランキングはめまぐるしく指標定まりません。そこで時間や日ごとでわける考えるほか、複数カテゴリや同一商品や中古の1人の注文数など踏まえ、複雑なアルゴリズムが働いて割り出しているので説明ができず、”独自のアルゴリズムに基づき”と説明しているサイトがほとんどです。

厄介なのが、1年以上も売れいていない商品がそのときたまたま売れたことで、価格に関係なくランキング上位にしばらく並ぶことがあります。

何年も前の商品で、大して売れてもいない商品をつまされてしまい失敗!

なんてことがないように十分な注意が必要です。

【2】・実は広告商品をつかまされている罠

いつのまにかにランキング一覧に紛れ込んでいる【広告商品】を選んでしまうことも?!

これは、業者がサイトに広告料を支払って提示するサービスがあります。
サイト側の収入が広告料だったりするので、その見せ方も情弱な方に限らず気づかずクリックしてしまう方も少なくありません。

よく見ると「スポンサー広告」と表示が出ているのですが、ほかと類似したデザイン性に気づかないこともしばしば。

【3】・比較基準のの曖昧さ
比較サイトにおいては、独自アルゴリズムほか独自の体験を基に比較評価しランク付けしているサイトがあります。

多くは、サイト運営者の有益な特定商品に限定し順位に位置づけされているので買い手にとって曖昧指標や基準には注意が必要です。

私たちは、似たような商品や価格に判断がつかないとき、ランキングや比較レビューなど実績を示すことで、社会的証明がされているほうを選んでしまう傾向があります。それを逆手に取られて、曖昧な基準や知らないところで失敗をしているリスクを十分知る必要があります。

・あなたの商品選びは間違えているかもしれません!(こんな販売ページに騙されない!)
□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□写 真□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
※何の写真?

ネットでの買い物をされる際に何を見て決めていますか?

(1)価格
(2)成分や肌質に合うか
(3)口コミ・レビュー・比較サイトの評価
(4)満足度やリピート率
(5)有名モデル・タレントの愛用
(6)受賞履歴・販売本数の実績

この中で見るべきは(2)と注視した(1)のみです。

”注視した(1)価格”とは、「通常価格」や「初回価格」でなく、目的達成(実感)するまでの総コストです。

実は、ネット上で目につく破格な単品価格に思わず1本購入すれば悩みが解消すると思い込んでしまう傾向があります。

それは、販売ページのデザインに起因しています!

もとは通販番組のつくりから引用されている手法なんです。

□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□写 真□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□
※通販場組の初回価格表示とネットの初回お得ボタンの対峙画像

テレビでよく見る通販番組では、商品紹介の中で何度も破格な初回価格を繰り返し案内しているのを見たことがありませんか?

スキンケア化粧品に関しては、お肌の細胞の生まれ変わりの周期(ターンオーバー)を考えると3ヵ月近くの時間を必要するものがほとんどです。

ですので、確かな”実感”を得るのは単品でなく約3本を使いづけた場合の総コスト(価格)を考える必要がります。

指標は(1)(2)だけ。それ以外はあなたを迷わす不要な情報

と言っても過言ではありません。
本当に良い商品は不要な情報に埋もれてしまい他の商品と一緒に紛れ込んでしまっているのです。

・あなたを惑わす付加価値とは?

社会証明の原理
自分の判断より他人の判断基準を優先してしまう!?

 楽天やAmazonの「レビュー」「星の数」
 上記で解説したとおり曖昧な指標や基準でできている

 「○○売上No1」「楽天ランキング1位獲得」を簡単に信じない!
 1位ともなればつい手を伸ばしてしまいますね。しかし、この1位はある一定期間に広告を露出をすることで比較的簡単に獲得できてしまいます。例えば楽天であれば細分化されたカテゴリに加え×細分化された時間軸(15分単位~月間)×男性・女性といった網の目のようなランキングですから、売れない商品でも、タイムセールと合わせて5万円~10万円ぐらいの広告費用で「ランキング1位」という肩書をいとも簡単に手にすることが出来てしまいます。

 「販売実績〇〇個突破」
 売れているのに対し何が問題なのか? よくご覧いただくその頭に「シリーズ累計」とついています。これには初回無料や格安で配布されている試供品も含まれます。ただ同然のものでばらまいているいますから、販売数を割と簡単に大きく見せることができます。

 「アンケート調査や満足度やリピート率」
 満足度のパーセンテージは、あなたの悩みを解決するパーセンテージではありません。

用意されたモニターに無料で商品を配布し、質の良いレビューや満足度を集めたもので、また、100人程度にも満たない少ない母数で統計されたもので指標価値としても実は低いことが多い。

370人以下のモニター数によるアンケート調査は参考にしない! 
信ぴょう性があるデータと認められる許容誤差が5%のアンケートを実施する場合に、母集団(売上本数)に対する必要なサンプル数(アンケート人数)は以下のとおりです。

サンプル数 母集団
384人 100万人
383人 10万人
370人 1万人
278人 1,000人
80人     100人

当たり前ですが母集団が高いほどサンプル数も増えます。ただし許容誤差を5%程度した場合、母集団が1万人超になるとサンプル数はそれほど大きく変わらないことから370人以上のモニター数が信頼度の高い指標と言えます。
※母集団においてモニターの総数を示し、その回答者数をサンプル数とする考え方から応用しています。母集団を売上本数に置き換えたとしてもその指標は大きく崩れるものではありません。

 「・@コスメ、モンドセレクション獲得商品」

私たちは、似たような商品や価格に判断がつかないとき、ランキングや比較レビューなど実績を示すことで、社会的証明がされているほうを選んでしまう傾向があります。それを逆手に取られて、曖昧な基準や知らないところで失敗をしているリスクを十分知る必要があります。

人は、判断に悩んだ時に、同じ商品、価格の場合、社会的証明がされているほうを選んでしまいます。そのため、売れてる実績やランキング獲得実績を表示することで、購入意欲を高めることができます。

権威性
その分野における専門性に秀でた権威ある人物による「推薦、解説、開発」と発信内容を指します。
商品の効果効能への信頼度が高まります。

広告使用料さえ払えば、写真と名前の使用許可を得られるので、あとはコメントを創作するだけですので信頼ができない。

 「有名モデル・タレントの愛用」

希少性

限定性

   ーなぜなら売れている販売ページの模倣だから!

   ーならどうやって信頼できる”情報”を見抜けば良いのか?

 ・時間を無駄にせず良品を探したいなら!?

付加価値情報をまずは見ない! 商品名で探している人が多いモノこそ今最も評価されている価値の高い商品です。つまり、価値の高い商品に結び付いている付加価値こそ信頼に値する付加価値なのです。

■対象リスト・仕様
 ・ランキング対象一覧
 ・失敗しないランキング指標
 ・このページで見るたった2り?3つ?の項目とそれに紐づく付加価値
 ・どれくらい使いづければいいの?

■検索数ヒットランキング
 ・ランキングベスト10
 ・ランキング外一覧
 ・追加希望について